京都子育て支援サイトちゃいるす

すべてのこどもたちの健康のために
    文字サイズ  

お役立ち情報

1 2 3 4 5 6 82

小児用肺炎球菌▲ページ先頭へ

■接種対象年齢 生後2か月から生後5歳未満 (生後2か月から生後7か月に至るまでの間に接種を開始することが望ましい。)   ■接種間隔及び接種回数 【接種開始が生後2か月~7か月未満】  初回3回、追加1回 <初回接種>  標準的には生後12か月までに27日以上の間隔をおいて3回 <追加接種>  生後12か月以降に、初回接種終了後60日以上の間隔をおいて1回  (標準的には生後12か月か...

noimage

MR(麻しん風しん混合)[2期]▲ページ先頭へ

■対象年齢 年長児(小学校就学前1年間)   ■接種回数 1回 ※麻しん、風しんともに近年流行があります。  対象時期になったら、なるべく早めに受けましょう。 ...

noimage

B型肝炎▲ページ先頭へ

■接種対象年齢 生後1歳未満 (生後2か月から生後9か月に至るまでの間に接種をすることが望ましい。)   ■接種間隔及び接種回数 3回 (標準的には1回目は生後2か月以降に接種し、2回目は1回目の接種から27日以上の間隔をおいて接種、3回目は1回目の接種から139日以上の間隔をおいて接種する。) *母子感染予防のために健康保険により,出生直後からB型肝炎ワクチンの接種を受けた場合は接種対...

noimage

ヒブ感染症(ヘモフィルス・インフルエンザ菌b型感染症)▲ページ先頭へ

■対象年齢 生後2か月から5歳に至るまで   ■標準的な接種期間 初回接種開始は、生後2か月から7か月に至るまで   ■接種間隔及び接種回数 (1)初回接種の開始時期が、生後2か月から7か月に至るまでの場合 初回:27日(医師が必要と認めた場合は20日)以上の間隔をおいて3回 ※標準的には27日から56日までの間隔をおいて3回 ※初回2回目及び3回目の接種は1歳に至るまでに行い...

noimage
1 2 3 4 5 6 82

ご意見はこちら
ご意見箱 トップに戻る