京都子育て支援サイトちゃいるす

すべてのこどもたちの健康のために
    文字サイズ  

ばーば と せいら の交通安全コラム  その⑧~乗り物の安全な利用・公共交通機関~

ばーば

ばーば:みなさんこんにちは。せいらのばーばです。あっという間に暑い日がやってきました。初めて幼稚園や保育園に通い出したお友達は、そろそろ慣れたかな?
せーら:せいらは年長さんになったから、頑張らないと!
ばーば:あんまり頑張り過ぎるとしんどくなるから、ぼちぼちね。さて、せいらは、バスや電車に乗るのは好きかな?
せーら:だ~いすき。降りる時には、ピンポ~ンって押せるバスは楽しいな。
ばーば:たくさんの人が、それぞれの目的地へ行くためにみんな一緒に乗っているね。
せーら:うん。せいらがおしゃべりしだしたら、ママが「静かにしなさい!」って言うよ。
ばーば:家の車とは違って、みんなが気持ちよく乗れるように、大きな声を出したり、電話をしたり、走ったりしないで、静かに乗りましょうね。
せーら:急に止まったら、転びそうになった人がいたよ。
ばーば:とっても危ないから、しっかり手すりなどをつかんでおかないとね。
せーら:せいら、バスから降りる時にはお金を入れてる!
ばーば:それは楽しいね。でも、バスに乗るときは子どもが先に乗って、バスから降りる時はお父さんやお母さんに先に降りてもらおうね。
せーら:先に降りたらあかんのや~。
ばーば:先に降りて、自転車や車が走ってきたらあぶないでしょ。ママと手を離さないように、ママが先に降ります。
せーら:は~い!
ばーば:あと、混雑してるときは、他の人の迷惑にならないよう、ベビーカーはできるだけ折りたたんで乗りましょうね。リュックサックは、背中から降ろして、手に持つようにしましょうね。
せーら:いろいろ、大変やな~
ばーば:みんなが、気持ち良く乗るためには、それだけ、周りの人に気を遣わないとね。それが、バスや電車の中での事故を防ぐことにもつながります。
せーら:みんなで仲良く利用します!しゃかしゃか、しゃか、しゃか。
ばーば:何それ?
せーら:電車の中で、聞こえてくる音。
ばーば:あぁ~。イヤホンからの音漏れ、気になるね~。みんなで、気持ちよく乗りたいな~
そうそう、乗った順番に奥に詰めて、出入り口に立たないことも大切ですね。
せーら:は~い。おりこうさんにしましょう!みんなで、仲良く、乗りましょう。

 

一口メモ
○ 子どもが小さかったり荷物が多かったりすると、ついマイカーを利用しがちですが、子どもたちはバスや電車に乗ることも大好きです。公共交通機関に乗るときのルールやマナーを学ばせるため、たまには、バスや電車も利用しましょう。
また、乗降時の交通事故防止やバス停・駅でのマナーについても身につけるようにしましょう。
○  最近では、公共交通機関の中でも、イヤホンなどで外の音や人混みを遮断し、自分の世界
に入っている人が多くなりました。しかし、バスや電車は「公共の場」です。
みんなが気持ちよく乗れるように、子どもには「公共の場」における「安全な行動」と「マナー」
を身につけさせるようにしましょう。
○  バスや電車内での事故や緊急停止した場合の脱出場所や方法についても、確認しておくようにしましょう。

 

densya_seki train_yuzuru_ninpu

 

プロフィール

ばーば せーら

京都市内で生まれ育った60歳。

娘のところに産まれた「せいら」は元気に走り回る4歳。

「これだけは守って欲しい!」「ここはポイント!」という交通安全の「ツボ」をせいらと一緒にお伝えします。


ご意見はこちら
ご意見箱 トップに戻る