京都子育て支援サイトちゃいるす

すべてのこどもたちの健康のために
    文字サイズ  

キッチンカウンター 田中 郁恵

「家事がしやすくてすごく過ごしやすくなりました。」

 

まだ小さな男の子がふたりいらっしゃるお家の話ですが、子どもたちの様子を見ながらキッチンに立ち、料理や洗い物ができることが、予想していた以上に家事と子育てが快適になったとの感想でした。

 

キッチン

日常生活において、お母さんはなにかと居ることが多い場所、キッチン。調理道具などモノを隠したいのでダイニングと分けてほしい、皆が団らんしている時に一緒の場所で作業したいのでダイニングと対面させてほしい、子供も一緒に手伝えるように広めのカウンターがいい、配膳がしやすいよう、、、などなど。キッチンカウンターの位置は家族との関係や生活を大きく左右する場所でもあります。

 

もともと、そのお家は広い庭に面したダイニングを計画していましたので、キッチンカウンターはダイニングを介して庭と一体的に広がるテラスを眺められるにつくりました。

キッチンカウンターは壁から独立したアイランドになるわけですが、そうなると悩ましい点もありました。

片付けが上手くないのでキッチン廻りのこまごましたものが丸見えになるはちょっとね、、、。

もうひとつは、部屋全体のイメージを大きく左右する位置に工業的な質感のシステムキッチンが見えるのは、、、という悩み。

 

オーダーメイドで部屋全体のイメージと合わせてキッチンカウンターを製作するというのはもちろん可能です。ただ、やはり気になるのはお値段。オーダーメイドの家具って高価なイメージがありますよね。すべての要望を何から何まで満たすことができればそれはベストではありますが、何を優先させて何をどのくらい我慢するか、やはり丁寧に要望を汲み取って調整していく必要があります。

 

それに、メーカーのシステムキッチンはメンテナンス性が優れていたり、コストの割に機能が備わっていたりもしますから、そこはうまく利用します。

 

そこで提案させていただいたのは、既製のシステムキッチンと製作家具を組み合わせる案です。

 

機能も価格もごくごく標準の壁付けのシステムキッチンをLDKの真ん中に配置して、ダイニングテーブル側はそれを隠すように造作家具を組み合わせます。

 

造作家具の高さは配膳に便利な床から110cmほどの高さ。そのくらいの高さがあれば、多少カウンターの上がごちゃごちゃしていてもダイニング側から丸見えになってしまうのをカバーできます。

また、その素材は同じ部屋の他の造作家具と合わせて木製でつくりました。カタログ等を見ていると、規格から外れることは出来ないと思っておられる方も多いかもしれませんが、オーダーか規格品か、自然素材か工業製品か、などの二者択一ではなく、価格、素材、性能などバランスよく組み合わせて作っていく方法は、実はたくさんあるんです。

 

建築工事ってちょっと難しそうに思えるかもしれませんが、基本的にはひとつひとつ人の手が作り上げていくアナログの世界ですから、案外いろんなことが簡単にできますよ。

 

 

ごあいさつ

普段は住まいや家具などのデザインを仕事にしています。 もともと旅行が好きなこともありますが、この仕事をはじめてからは、海外国内かかわらず興味のあるまちや建築があるところには可能な限り足を運ぶようにしています。 どちらかというと一般的な観光地からそれた、現地の人々の生活がわかるような街や集落を訪ねることが多いです。 また、飛行機、列車、バス、自転車、足…それぞれ移動スピードがかわると見えてくる発見の種類も違って面白いので、移動中も楽しい時間です。

 

そういった経験や日常の生活の中で、面白い見え方をする材料の使い方、開口部のとりかた、などささいなヒントを見つけて、デザインに生かすことを心がけています。 一般のかたにとっては家つくりというのは一生に一度あるかないかという大イベント、費用も桁違いにかかってしまうのでなかなか敷居が高いことのように感じられますが、毎日長い時間を過ごすもっとも身近な居場所。ちょっとした工夫で空間が何倍にも豊かになれるようなデザインを提案することを心がけています。

 

 

プロフィール

 

田中 郁恵           HP:http://t-ikue.com/

 

■経歴

関西大学建築学科卒業後、同大学大学院工学研究科にて都市設計学を専攻。

大学院修了後、京都のアトリエ系の設計事務所にて8年間勤務、主に住宅設計などの仕事に携わり、その後、田中郁恵設計室を主宰。 住まい、店舗、家具、外構、など空間にかかわるデザインをしています。

■資格 一級建築士


ご意見はこちら
ご意見箱 トップに戻る