京都子育て支援サイトちゃいるす

すべてのこどもたちの健康のために
    文字サイズ  

「ヨーガと共に②」 真鍋りょうこ

*女性とヨーガ*

 

女性としてこの世に生を受け、女性として生きることの可能性の中に「子どもを産み育てる」という壮大なビジョンがあります。

 

現代では、「子どもをもつ」こと自体の是非が問われるようになりましたが、昔の女性は「女性は子をもつもの」ということを考えるというより考えるまでもなく当たり前のこととしてとらえていたように思います。

 

しかし、前回にも述べましたが、現代社会は女性の社会進出により、女性も男性同様の役割を求められ、子どもをもつことすら考えにない女性も少なくありません。

 

しかも、社会で働く女性が増えるにつれ、婚期も遅くなり、従って子どもをもつことの期限を知ることとなるわけです。

 

 

そんな中でも、パートナーとの間に育んだ命。

 

妊娠することは「砂漠の上で腕時計をバラバラにして箱に入れておき、人の手に触れずに雨風に触れ、元の腕時計が完成する」というぐらい奇跡だと言われています。

 

妊娠しにくいカップルにとっては「そうかもしれない・・・」と思うかもしれないし、10人産んだ肝っ玉母ちゃんにとっては「そんなことないわー」と思うかもしれません。

 

 

ヨーガと兄弟のような関係であるアーユルヴェーダというインド伝承医学があります。

 

ヨーガと同じようにインドで発展した医学です。ヨーガは男性のものだったのに対してアーユルヴェーダは老若男女、大人も子供もすべての人々の為の医学です。

 

アーユルヴェーダでの妊娠は「計画妊娠」と言う教えです。

 

「計画妊娠」と言っても、現代風に「いつ卵子を摂取して、体外受精をして・・・」というものではありません。

 

アーユルヴェーダ的な「妊娠」は、男性であれば「良い精子」、女性であれば「良い卵子」を作り出す為の健康を守る生活を送るということです。

 

良い子孫を残す為に日常生活において自分たちの手の内でできることはしっかりやって、子作りの為の健康を維持していたわけです。

 

 

では、私たちの現代の生活はどうでしょう。

 

結婚も考えない年齢から、この先「自分が良い卵子を排出していけるのか!」「自分が良い精子を作り出せるのか!」なんていうことからとんと離れた生活を送っています。

 

もちろん、社会での役割が大きくなった女性は男性と同じように働き、地位も確立しています。自分らしくファッションや趣味を楽しんで生きている。とても素敵です。

 

しかし、男性と同じように働く傍ら、もしかしたら女性に毎月くる月経や月経に伴う不調が疎ましく感じている女性もいるかもしれません。また、細い身体が良いことという世間の風潮に健康的でないダイエットをし、身体も心も不調をきたすことも少なくないはずです。

 

また、経験的に見れば、昔は大家族の中でどんどん赤ちゃんが産まれていました。そんな日常の1コマの経験の積み重ねが、女の子は子どもながらに「私もあんな風に将来子どもを産むんだ」と言う意識を育んでいたのです。しかし、現代は核家族化し、自分の子どもが産まれるまでは「赤ちゃんを抱いたことがない」という女性も少なくありません。

 

妊娠したら、または妊娠する前に、女性として生きること、妊娠・出産・子育てという女性ならではの将来をもう一度考える時間も必要かもしれません。

 

 

「経験上知らない・感覚としてわからないこと」が女性としての選択肢を狭くし、辛いことも辛いと言えない社会があると感じています。そしてネット検索が当たり前になった現代、膨大な情報社会の中で「経験上知らないこと・感覚としてわからないこと」がさらに女性の正しい選択を遮り、大きな不安に陥れ、検索すればするほど不安が募っていきます。

 

 

自分にとって正しい知識を得て、自分で選んでいくということは、妊娠・出産・育児に関わらず、現代社会を生きていく上でとても大切なことです。

 

「自分で選ぶ」ということは、「自分に責任をもつ」にもつながります。

 

自分で納得した選択はその先どうなっても自分であることには変わりがありません。

 

 

ヨーガの目的通り、自分の揺るぎない部分とつながり、そして自分を信じて取捨選択することが賢い母を育んでいくのではないでしょうか。

 

 

プロフィール

真鍋 りょうこ

IMG_3401

インド政府公認ヴィヴェーカナンダ研究財団ヨーガインストラクター

ヨーガ療法学会会員

マタニティヨーガインストラクター

 

しあわせなお産を目指す

いのち紬ぐネットワーク はっぴぃ明日(あーす)代表

 

奈良市在住 3児の母

京都府・奈良県を中心に活動するフリーインストラクター

京都府では木津川市開催のマタニティクラスのマタニティヨーガを担当

日本アーユルヴェーダ協会初級認定終了

 


ご意見はこちら
ご意見箱 トップに戻る