京都子育て支援サイトちゃいるす

すべてのこどもたちの健康のために
    文字サイズ  

「とびひと虫さされ」中島 久和

 

baby_powder_smile

虫さされかと思っていると、次々と同じようなぶつぶつができてきたら注意が必要です。「とびひ」といって、黄色ブドウ球菌の感染症を疑う必要があります。正式には伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)といいます。最近は市中にも抗生物質が効きにくい黄色ブドウ球菌(ばい菌)がいて、治りが悪いケースもあります。

 

とびひが多い季節は、肌の露出が多い夏で、虫さされとも関係しています。虫にさされるとかゆいですよね。かゆみのある部分を引っ掻くと、そこに手に付いたばい菌を感染させることがあります。これがとびひの原因になります。

 

治療の基本は、患部を含めた皮膚を清潔に保つことです。よく泡をたてた石けんのホイップで患部を洗い流すことも有効です。ごしごしこすってはだめで、親御さんの手で直接泡を付けてあげてください。おふろは湯ぶねに浸かるよりシャワー浴の方ががおすすめです。こどもは嫌がりますが、よく洗い流すということが大事です。そしてよく乾かすこと。患部を包帯やガーゼでぐるぐる巻きにするとかえってばい菌の繁殖を助け、逆効果・・・。皮膚を清潔にした後に、お医者さんが選んでくれた軟膏を塗って、抗生物質のお薬を飲むと治りが早いです。

 

とびひかと思っていると「水ぼうそう」だったり、「みずいぼ」のこともあるのでお医者さんによく診てもらってくださいね。

 

プロフィール

中島 久和
京都府立医科大学小児科学教室 講師(学内)


ご意見はこちら
ご意見箱 トップに戻る