京都子育て支援サイトちゃいるす

すべてのこどもたちの健康のために
    文字サイズ  

「ヨーガと共に③」 真鍋りょうこ

*ヨーガが教える禁戒と勧戒*

 

みなさんのヨーガとは、きっと「ヨガマットの上で奇妙キテレツな格好をする」「身体が柔らかい人がすごい格好をしている」など、何かしら身体を動かしていること。と感じている方が多いと思います。

 

その、身体を動かすヨーガの事を大きなヨーガの中の一つ「ハタヨーガ」と言います。 ハタヨーガの「ハ」は太陽を表し、「タ」は月を表します。身体を使って太陽と月のエネルギー(プラーナ)を取り入れる、いわゆる身体に重点を置いたヨーガです。

 

様々なポーズをとり、身体を整え、呼吸法で心との調和をはかる。そして自分の身体も心も上手くコントロールできる自分になれるわけです。

ヨーガにはこのようにいくつかの項目に分かれ、それぞれ大切に実践され伝わってきました。 下記のヨーガを知るうちに、「身体が硬いから」や「太ってるから」とかそんなことはヨーガをしない事に値しないことがよく分かるはずです。

 

 

ギャーナヨーガ。これはヨーガの事を勉強するヨーガです。古典書を読んだり、ヨーガの先生から教えを受けたり、そんな中で様々な気づきを得ていきます。今、ヨーガの事が書かれたこのコラムを読んでいるあなたは、正にギャーナヨーガの真っ最中です。

 

次に、バクティヨーガ。バクティヨーガは愛のヨーガです。献身のヨーガとも言います。神への奉仕、献身を意味します。神様に祈り、愛をささげるヨーガです。

 

カルマヨーガ。これは前回までに述べた事もありますね。

行為のヨーガです。行為の結果を顧みないヨーガです。カルマヨギ―二で代表的な人物はマザーテレサです。彼女はマットの上でのヨーガは実践していませんでしたが、病気の人々に献身することで、立派なカルマヨギ―二だと言われています。そして、正に子育て真っ最中の私たち母や父、保育者は決定的なカルマヨギ―(ヨーガを実践する男性)、ヨギ―二(ヨーガを実践する女性)であるわけです。

 

最後にラージャヨーガです。

ラージャは王を表します。王様のヨーガ、又はヨーガの王道とも言われています。 瞑想をし、最後には悟りを開くサマーディという境地に達すると言われています。 ラージャヨーガの中で8段階に分かれる教えがあり、そこでは呼吸法やポーズの練習など含まれますが、一番私たちが身近に実践できるものがあります。 それが、ヤーマと二ヤーマです。

 

ヤーマは「やってはいけないこと。禁忌」です。

1. 非暴力(アヒムサ) 人や、その他生きとし生けるものに対して苦痛を与えてはいけない。と言う教えです。暴力はもちろん、暴言もいけません。

 

2. 正直(サティア) うそをついてはいけません。大人がついやってしまう思いやりの嘘もいけないとされています。

3. 不盗(アステア) 人のものを盗むことはやってはいけません。人のものを羨み、不自然に手にいれようとすることも禁じています。

 

4. 梵行(ブラフマチャリヤ) 欲望ばかりに支配されてはいけません。もちろんモチベーションとしての正常な欲望は健康的ですが、なんでも流行りの物があれもこれも欲しい。というのはいけません。

 

5. 不貪(アプリグラハ) なんでも見返りを求め、欲しがってはいけません。独占欲を捨て、なんにでも執着しないようにします。

 

次は二ヤーマです。二ヤーマは「進んでやりましょう。勧戒」です。

 

1. 清浄(サウチャ) 整理整頓。おうちや仕事場だけではありません。身体や心も常にきれいにしておきましょう。

 

2. 知足(サントーシャ) 足るを知る。です。今あることに満足し、満ち足りていることに感謝します。

 

3. 苦行(タパス) 日々、困難なことに立ち向かい乗り越え、新しい自分になっていきます。

 

4. 読誦(スワディヤーヤ) 学び、学習です。日々、様々なことを学び、学習しましょう。学問だけでなく、自分自身を知る学びもあります。

 

5. 自在神へのお祈り(イーシュワラプラニダーラ)神様の存在を信じ、祈り、自分も神の一部だと知ることです。

 

少し、難しい項目も出てきましたがヤーマ(禁忌)は小さい子どもにいつも言う様な「人のもの取っちゃいけないよ!」「嘘をついちゃいけません!」そんなことがヨーガでは堂々と大人に説かれるわけです。でも、あらためて言われると大人って都合の良い嘘もつくし、家電の新型が出たら壊れてもいないのに欲しくなったり。そんなこと日常に沢山ありますよね。

 

そして、イーシュワラプラニダーラ。私たち一人一人、神聖なものを持っていて、それはしっかりと神様や神聖なるものと繋がっているのです。ヨーガはこの教えを大切にしています。

 

ヨーガはこの自分の中にある神聖なる神様の部分と繋がっていくことが目的です。 それは心ではない、もっと深いところにあるものなのです。

 

 

 

プロフィール

 

真鍋 りょうこ

02

インド政府公認ヴィヴェーカナンダ研究財団ヨーガインストラクター

ヨーガ療法学会会員

マタニティヨーガインストラクター

 

しあわせなお産を目指す

いのち紬ぐネットワーク はっぴぃ明日(あーす)代表

 

奈良市在住 3児の母

京都府・奈良県を中心に活動するフリーインストラクター

京都府では木津川市開催のマタニティクラスのマタニティヨーガを担当

日本アーユルヴェーダ協会初級認定終了

 


ご意見はこちら
ご意見箱 トップに戻る