京都子育て支援サイトちゃいるす

すべてのこどもたちの健康のために
    文字サイズ  

真夏の早朝の空気の中で  うえおか 裕

 

昼間は30度を越える猛暑、夏の一日をどのように過ごすか?お散歩とお昼寝とシャワーの時間時間配分を考えなければならないでしょう。

 

毎朝、犬の散歩のため、五時半から一時間ほど二条城周りを歩いています。真夏とはいえ五時半の空気は、前夜の夜気の名残りと朝の風の爽やかさでまだ動かされていない穏やかさがあります。

 

小鳥たちは早起きです。夜明けとともにさえずり始めます。六時ともなるとそこここの大木の中からセミの鳴き声がシャワーかミストのように降ってくるのです。

 

そんな中、先日は二歳くらいの坊やとバギーの乗った赤ちゃんとママに会いました。朝早くにお散歩に来たのだなと思いました。早く目覚めた子どもたちを連れてきたママの行動に拍手を送り微笑ましく思いました。

 

二歳の坊やはのびのびと楽しそうでした。この時間なら坊やの手を離して歩いても危険なものも少なく坊やも自由に歩くことができます。

 

そう、子どもたちって、時々駆け出しては時々立ち止まりお母さんの方を振り返ります。そして、お母さんとの距離を確かめて不安なら引き返し、自分で大丈夫と思うと歩み自分の行動範囲を拡げます。親化が自然とお互いが安心できる距離を確かめ合っているのだと思います。三人の間には楽しげな安心の空気が流れていました。

 

この時間に出会うことのできる小鳥たち、虫たちの本はおうちに帰りお昼寝の前にでもゆっくり読む時間を作りたいですね。

 

まずは靴を履いて・・・

 

「くつくつあるけ」 林 明子 福音館書店
くつくつあるけ

「ちゅん ちゅん おはよう」こどものとも0・1・2 福音館書店
ちゅんちゅんおはよう

「はしるのだいすき」 こどものとも0・1・2 福音館書店
はしるのだいすき

 

プロフィール

うえおか 裕

公益財団法人 ラボ国際交流センター会員・ラボ教育センター関西支部テューター

御所南小学校コミュニティ委員

 

1993年より中京区でラボパーティを主催、2歳から大学生までの子ども達と物語の世界を楽しみ、外国語や日本語で劇として再表現する活動を展開

同時に、児童館や市内小学校にておはなし会の活動も。


ご意見はこちら
ご意見箱 トップに戻る