京都子育て支援サイトちゃいるす

すべてのこどもたちの健康のために
    文字サイズ  

児童手当について

■令和4年6月分より児童手当の制度が一部変更になります。
 
  1.特例給付の支給に係わる所得上限額が設けられます。
    ⇒ 所得額により特例給付の支給がされない方が発生します。
 
  2.現況届の提出が、不要になります。
    ⇒ 毎年6月に提出していた現況届が、原則、不要になります。
    ※ただし、一部の引き続き必要な方には、現況届を送付します。
 
※中学校修了前の児童を養育している人で、まだ児童手当を受給していない人は、児童手当受給の手続きが必要です。
 
【児童手当の概要】
■支給対象
中学校卒業まで(15歳に達した後最初の3月31日まで)の児童を養育している方
■支給額(児童1人当たりの月額)
・0歳から3歳未満…一律15000円
・3歳以上小学校修了前…10000円(*第3子以降は15000円)
   *18歳に達した後最初の3月31日までの児童の人数で第1子・第2子と数えます。
・中学生…一律10000円
・所得制限限度額以上所得上限限度額未満… 一律5000円(特例給付)
・所得上限限度額以上…支給なし
※所得制限限度額および所得上限限度額については、宇治市ホームページにてご確認ください。
※公務員の人は、職場で手続きしてください。
 
■支払時期
6月、10月、2月にそれぞれの前月分までの手当を支給します。
  例) 6月には、2~5月分の手当を支給します。


ご意見はこちら
ご意見箱 トップに戻る