京都子育て支援サイトちゃいるす

すべてのこどもたちの健康のために
    文字サイズ  

小児用肺炎球菌

 小児用肺炎球菌は細菌性髄膜炎を起こす原因菌であり、平成26年度に定期接種化されるまでの発生動向は、生後8か月にもっとも感染が多くなっております。
 そのため、できるだけ生後6か月までには初回接種(3回)を終えて免疫を獲得しておくことが望ましいです。
 小児用肺炎球菌ワクチンの対象年齢及び接種回数等の詳細については、下記の町ホームページをご覧ください。
 
連絡先:精華町役場 健康推進課(0774)95-1905


ご意見はこちら
ご意見箱 トップに戻る