京都子育て支援サイトちゃいるす

すべてのこどもたちの健康のために
    文字サイズ  

小児用肺炎球菌

■接種対象年齢
生後2か月から生後5歳未満
(生後2か月から生後7か月に至るまでの間に接種を開始することが望ましい。)
 
■接種間隔及び接種回数
【(初回接種開始)生後2か月以上7か月未満】
 <初回接種> 3回
  各回の間は27日以上の間隔をおいて接種
  (初回(3回目)までの接種は1歳未満に行う。)。
 <追加接種> 1回
  生後1歳以降、初回(3回目)終了後、60日以上の間隔をおいて接種。
  (標準として12~15か月の間に行う。)
 
【(初回接種開始)生後7か月以上12か月未満】
 <初回接種>2回
  各回の間は27日以上の間隔をおいて接種
  (初回(2回目)までの接種は1歳未満に行う。)。
 <追加接種>1回
  生後1歳以降、初回(2回目)終了後、60日以上の間隔をおいて接種。
  (標準として12~15か月の間に行う。)。
 
※ 生後2か月以上7か月未満に初回の接種を開始した者が、初回(2回目)の接種が、生後12か月を超えた場合は、初回(3回目)の接種はせず、最後の初回の接種終了後60日間以上の間隔で追加の接種をしてください。
※生後2か月以上12か月未満に初回の接種を開始した者が、初回(2回目又は3回目)の接種を終了せずに、生後12か月を超えた場合は、初回(2回目又は3回目)の接種はせず、最後の初回の接種終了後27日間(医師が必要と認める時は20日間)以上の間隔で追加の接種をしてください。
 
【(初回接種開始)生後1歳以上2歳未満】
 各回の間は60日以上の間隔をおいて2回接種
 
【(初回接種開始)生後2歳以上5歳未満】
 接種回数 1回


ご意見はこちら
ご意見箱 トップに戻る